ブログトップ

オリオンの瞳

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ババヘラ

小学校5年生くらいの時、
秋田県から転校して来た男子がいました。
山田君。

山田君の口癖は、「日本で1番、深い湖って何だか知ってるか?田沢湖だよ、田沢湖。」

とても自慢の湖だったのですね。
水深423mだそうですよ。
東京タワーより100m近く深い。

山田君ご自慢の田沢湖に行ってきましたヨ。


e0291638_1058848.jpg

あら、なんときれいなこと。


e0291638_1132397.jpg


山田君からはちょっと連想できない美しさじゃないの。




e0291638_10535031.jpg

色が段々に薄く変わり、透き通ったブルー。



e0291638_1105443.jpg

秋田いぬのナナちゃん♀ にも会いました。



e0291638_224419.jpg

そして

秋田名物、ババヘラアイス。



e0291638_22444598.jpg





e0291638_224558100.jpg

美しい田沢湖でした。
[PR]
by conami573 | 2013-04-29 22:48 | 秋田 | Comments(4)

春の網戸拭き

e0291638_16341033.jpg

春になって
風の強い日もあり
黄砂が大陸から飛んで来る日もあり
汚れてしまった網戸を拭くことにしました。

まずは床拭き用のワイパーと古いタオルを用意して




e0291638_1637559.jpg

洗剤を溶かした水にタオルをぬらして絞ります。
そしてぬれたタオルをワイパーに取り付けて
網戸の上の方から横に滑らせて拭いていきます。


ガラス戸も同じように拭いてきれいさっぱり。emoticon-0171-star.gif





それから着替えて、頼まれていた北海道展のお弁当を買いにデパートへ行くのだけど。

ちょっとデパートへ買い物に行くにも何を着ようか
外は寒いか 暖かいか
少ないアイテムを引っ張り出し

着ていく服が決まらない

絹の海

・・・じゃなくて ポリエステルの海・・・





e0291638_16443021.jpg

買ってきたのは これ。

北海道の海の幸弁当



平日でもデパートの北海道展は人でごったがえしていました。



~~展 で一番 集客があるのは北海道展だといいます。

やっぱりね。
[PR]
by conami573 | 2013-04-19 16:50 | 暮らし | Comments(4)

そよ風のさくら歩き

e0291638_170896.jpg

新寺通りはお寺がたくさん並んでいる寺町です。

 善導寺。
わきの入り口から入って行くと




e0291638_1715421.jpg

山門を入ってすぐ 枝垂桜です




e0291638_173924.jpg

暖かい日差しを浴びて 花の色もやさしく色づいて。




e0291638_175464.jpg






e0291638_1771245.jpg

林香院の入り口には、お地蔵さんと桜の木。



e0291638_17104379.jpg

東秀院の桜は大きくて花が多い。



e0291638_17124437.jpg

松音寺は




e0291638_17132857.jpg

赤い緋毛氈を敷いた縁台が用意してあって 
松音寺のお寺さんのご親切、、、いいですねぇ~。




e0291638_1717485.jpg

古木が多いお庭です。

e0291638_17252811.jpg




e0291638_17174739.jpg

枯山水もあり




e0291638_1719283.jpg

花は麗しく




e0291638_17193716.jpg

公園では敷物がブルーシートだらけですが

ここ松音寺は 花散る風情も 別物です。

緋毛氈の上に花びらが はらり。




e0291638_172137100.jpg

度々 登場  栽松院も咲きそろいました。
[PR]
by conami573 | 2013-04-16 08:44 | 輝く花 | Comments(6)

白石城

e0291638_16555913.jpg

蔵王のお山が見える白石市に
白石城という小さなお城がありまして




e0291638_16573753.jpg

この季節、人が大勢訪れるのです。




e0291638_16582388.jpg

誰が住んでいたお城かといいますと


e0291638_16593858.jpg

片倉小十郎さまでございます。




e0291638_1704729.jpg

片倉小十郎さまという人は
どんな方かといいますと・・・


e0291638_172076.jpg

伊達家の一番、信頼のおける家臣というか、

例えば、伊達正宗は幼い頃に患った疱瘡が原因で、
片目が見えず、目が飛び出していたのだそうです。

伊達正宗は家臣たちに、この出た目を切り取れ、と言ったのですが
だ~れもそんなこと出来ないし~  恐ろしいし~

でも、片倉小十郎は前に進み出て、命令をきき、切りおと・・・し

「私の眼はどうなったのか」と訊かれた小十郎は、
自分の眼を刀でついて、「こうなっております。」と・・・。きゃ



e0291638_1792630.jpg

城内は簡素な木造。



e0291638_17102054.jpg

玉こんにゃく♪

からしをつけすぎ~~~。 からい



e0291638_1711291.jpg

1本 200円 ~



e0291638_1713174.jpg

天守閣の上に登り、外に出たら 強い風がさーっと吹いて
私は風にあおられ、桜のようにひらりと舞い散りそうになりました。 マジ。
[PR]
by conami573 | 2013-04-14 17:18 | 宮城 | Comments(6)

街の展望台

e0291638_9363373.jpg

街の中心部にある住友ビル、SS30 の30階からの眺めです。




e0291638_9391939.jpg

この展望台には無料で入れるので、お天気の良い日はたまに来ます。




e0291638_9413237.jpg

遠くに見えるのは太平洋の海。




e0291638_9423884.jpg

冬は暖房が入っているので、ここでゆっくり本を読んでいる人もいます。




e0291638_944135.jpg

川に赤い橋がかかっているでしょ、
あの橋の近くに冬の間 白鳥がたくさんいたのです。
こんな街の中なのにね。




e0291638_9521696.jpg

さて、私たちしかいなかったところに、高校生のカップルが来て
仲良く外を見下ろしています。

なのでそろそろ帰りましょ。
[PR]
by conami573 | 2013-04-10 09:58 | お散歩 | Comments(8)

連坊小路

e0291638_12305274.jpg

交差点の角にあるお菓子屋さんに、古くから、なぜか達磨さんが座ってて
目印になっています。


e0291638_12331587.jpg

連坊小路

この道は昔、お寺の境内にお坊さんが住んでいる建物が24、あったそうで
それで連坊小路という名前の通りになっているそうです。

その当時は細い小道だったのでしょうけど
今はクルマの往来が多い通りです。




e0291638_12373036.jpg

昨日は春の嵐が大暴れしたけど、今日は気持ちの良い暖かい日。

でも、紫外線が多いので、しっかりUVカットのクリームを塗って歩いています。



e0291638_12395081.jpg

いつの頃からか、この連坊小路を 「むにゃむにゃ通り」ともいいます。



e0291638_12405247.jpg

でも 連坊小路らしく、街灯が 行燈(あんどん)みたいでしょ。



e0291638_1242473.jpg

東北新幹線が通って行く。



e0291638_1243220.jpg

横道に入ると、線路があって、この先は東京へと続く。




e0291638_1244965.jpg

踏切を渡って少し歩くと、
栽松院から 小鳥の声がにぎやかに聞こえてきました。
お寺の木々の小鳥たちのうれしそうな声。
長かった厳しい冬が終わって、春の陽気に めいっぱい鳴き声を始めたのね。
[PR]
by conami573 | 2013-04-09 12:51 | お散歩 | Comments(6)