ブログトップ

オリオンの瞳

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

門前の宿

e0291638_920203.jpg

雷門近くのホテルに1泊しました。



e0291638_9213735.jpg

13階のロビーからは浅草の街が見渡せます。



e0291638_9313973.jpg

お部屋はシンプルですっきり。



e0291638_9334158.jpg

カラフルなフレームの鏡は、エレベーター前にも
おっきいのがありました。
各階ごとに色違いでした。




e0291638_2124015.jpg

屋上のテラスは、風が冷たいけれど
よく晴れ渡って、反対側は筑波山がよく見えました。



e0291638_938347.jpg

朝食は軽くしようと思っていたのですけどネ


e0291638_9385260.jpg

ここのエッグベネディクトは ボリューミーで美味しかった 
full になってしまいました。




このあと、私たちはお世話になったご夫婦のお宅を訪問したのです。
田園都市線を乗り継いで向かったお宅は閑静な住宅地のマンションでした。

年配のご主人は素敵なジャケットを着て駅に迎えに来て下さいました。
そして夫の顔を見るなり涙を浮かべて
「よく来てくれた、ほんとによく来てくれた」と喜んで下さいました。
私は初めてお会いしたのに、胸がいっぱいになりました。


e0291638_9461891.jpg

ベランダの鉢植えの木にメジロが来ているのを
じっと見つめるネコちゃん。


e0291638_9491799.jpg

奥さまも優しくて、温かい方でした。

私は初めてお会いしたのに このご夫婦を大好きになってしまいました。


心に温かい想いを抱いて 東北の片隅に帰って行きました。 
[PR]
by conami573 | 2013-01-31 09:57 | Hotel | Comments(2)

下町さんぽ

山梨から東京へ移動して
ソラマチを歩いてみました。
e0291638_12363296.jpg


週末だからやはり混み合って、
スカイツリーにカメラを向ける人たちのスタイルが
それぞれ面白い。
寝そべって撮る人もいるし、反り返って撮る人も。



e0291638_126173.jpg

夕陽が落ちていく



e0291638_1273735.jpg

夜は丸い月とツーショット。



e0291638_12135520.jpg

浅草寺は 人影が少なくなった頃、ライトアップされて




e0291638_12163273.jpg

五重塔も金色になる。




e0291638_12181972.jpg

浅草寺と月とスカイツリーの スリーショット



e0291638_122124100.jpg

夜の8時頃、月がタワーの真上にちょこんと来ました。



e0291638_12244016.jpg

伝法院通りは まだ人通りも多く、横丁に入ると飲み屋街はすごい人出。
楽しそうだったなぁ。 見ただけで通り過ぎたけど。


アズマックスのもんじゃ屋さんは行ってみたけど
予約客でいっぱいだって。



タワー効果で浅草は賑わいが戻ったみたいでした。
[PR]
by conami573 | 2013-01-30 12:34 | 東京 | Comments(4)

湖畔の宿

e0291638_825874.jpg

河口湖畔のホテルに泊まり、富士山と対面していました。



e0291638_843499.jpg

何故かハワイっぽいインテリアのホテル。



e0291638_86328.jpg

お風呂も水道の水も富士山の湧き水だそうです。


富士の高嶺に降る雪も  融けて流れりゃ 水道水 ♪




e0291638_89529.jpg

この日、英国からのツアー客がたくさん泊まっていて、
私と同世代の英国女性がいつもエレベーターを使わずに
階段を降りて行ったり、登ったりしていました。

なるほど、食事の後や大浴場でお風呂に入った後は
私も階段で降りることにしました。




e0291638_8254175.jpg

写真には写らないけど、夜でも河口湖の向こうに富士山が見えます。
お部屋からも露天風呂からも夜の富士山が見えるのです。

露天風呂から見ていたら、丸い月とオリオンの星とスバルと富士山が
一緒に見えました。

突然、富士山の八合目あたりから、小さい打ち上げ花火が見えました。
登山客が上げた?




e0291638_8334219.jpg

翌朝の 朝陽に照らされた富士山です。




e0291638_8381498.jpg

朝食の風景。
清々しく 澄んだ空気を感じます。

冬の富士山も良いものですね。




e0291638_8431362.jpg

富士山に別れを告げてチェックアウトし、河口湖駅で電車を待っていた時。
待合室に懐かしいジモティ、junkoちゃん が4人くらいのグループで入ってきました。

「junkoちゃん♪」と声をかけると、とても驚いて
「なんでここにいるの~?」


junkoちゃんは中学の同級生。
職場の仲間と旅行したそうです。

しかも泊まったホテルは「うぶや」という、私が泊まったホテルの隣りの隣り。

同じ風景を見ていたのネ。

携帯番号を教えあって、再会を約束しました。

More
[PR]
by conami573 | 2013-01-29 09:22 | Hotel | Comments(4)

忍野八海

e0291638_22482438.jpg

フジサン特急に乗って、展望車の一番前の席に座ったのですけど・・・
窓がバッチイ。

私に言ってくれたら拭いてあげたのにぃ。



e0291638_22542933.jpg

晴天の富士山は白くはっきりと その姿をみせてくれます。



e0291638_2258476.jpg

富士山駅に着くと ここで電車はスイッチバックして方向転換、河口湖駅に向かいます。



夫の元同僚の方が今は甲府に住んでいて、河口湖畔まで会いにきてくれました。
「うちのベンツにどうぞ。」・・・と、スズキアルトに乗せてくれました。



e0291638_233712.jpg

そして連れて来てくれたのがここ、忍野八海。
富士山の湧水でできた池だそうです。



e0291638_2344046.jpg

それはそれは透明度が高く、引き込まれそうな深い青い水。
色もきれいな魚がたくさんいます。




e0291638_2363772.jpg

寒い季節ですが 観光客もそれなりに来ています。




e0291638_2381074.jpg




e0291638_2132535.jpg

ここにクルマで連れて来てくれた夫のお友達から
たくさんのお土産を頂いてしまい、ほうとうをごちそうになりました。
ご親切に感謝です。
[PR]
by conami573 | 2013-01-27 23:16 | 山梨 | Comments(4)

お茶っこ

e0291638_9435038.jpg

こんもりと 厚く積もった雪を
娘と二人で雪下ろしして

重労働 (^^;)した後は




e0291638_94941.jpg

ちょっとお出かけして お茶っこしました。




家に閉じこもりがちな私を
外に誘い出してくれるのです。
[PR]
by conami573 | 2013-01-18 09:53 | 暮らし | Comments(6)

どんと祭のはだか参り

e0291638_833494.jpg

やむこともなく降り続く雪





e0291638_861670.jpg

こんな雪の中でも中止にならず、裸参りの練り歩きが続いた。

顔にも肩にも雪が舞い、寒い日。




e0291638_8103555.jpg

白い銀杏並木





e0291638_8123445.jpg

しんしんと降り積もる




e0291638_813699.jpg

左手に提灯、右手に鐘を持って、シャリ~ン、シャリ~ン、と振り鳴らす。



どんと祭のお焚きあげをする大崎神社までかなりの距離を歩いて。




e0291638_8311335.jpg

わらじも足袋も雪でぐっしょり濡れて冷たいでしょう。






e0291638_8335089.jpg

1年の無病息災、震災復興を願って 歩いて行って下さい。




e0291638_8361936.jpg

お気をつけて




e0291638_83719.jpg

[PR]
by conami573 | 2013-01-15 08:39 | 宮城 | Comments(4)

レ・ミゼラブル

e0291638_003064.jpg


「ああ 無情」を初めて読んだのは小学生の時。

革命の場面はよく覚えていないけど、
他の場面はすごくよく覚えてる。


ジャン・バルジャン役の ヒュー・ジャックマンがいい。
悲しみの表情が深い色を出している。


原作ではテナルディエ夫婦がすごく悪くて、気持ちが暗くなりそうだけど
この映画では強欲なテナルディエ夫婦をコミカルに演じているから
救われる。
しかもテナルディエの妻は、あのスゥイニー・トッドに出ている食堂の女主人。
あれもコミカルだった^^  映画はダークなのに。

コゼットを、マンマ・ミーアやジュリエットからの手紙のアマンザ・サイフリッド。
かわいい。


映画館はほぼ満席。
何度か涙ぐんでしまったけれど
まわりの客席からも はなをすする音がズズ ズズ・・・とあちこちから
聴こえてました。 ^^;
[PR]
by conami573 | 2013-01-14 00:26 | 暮らし | Comments(2)

雪の栽松院

e0291638_11115031.jpg

しんと静かな栽松院。

1601年、伊達正宗が亡くなったおばあ様久保姫のためにこの栽松院を建てて、
お位牌を置いたのでしたね。



e0291638_11195416.jpg


久保姫とは・・・
 伊達正宗のおじい様晴宗が若いころ、鷹狩りに出て、久保姫に一目ぼれ。

 でも、姫はすでに婚約済みだった。
白川の結城清綱にお輿入れの途中に姫を略奪して強引に正室にした。
姫は 14歳の時。

 映画「卒業」のベンより 無謀じゃない?



e0291638_1128649.jpg


晴宗は1577年に亡くなり、残された久保姫は出家して栽松院となった。

久保姫(栽松院)は、孫の正宗の面倒をみることになったのね。



e0291638_1133376.jpg


なぜなら・・・・

伊達正宗の母、義姫は 秀吉から小田原参陣の命を受けたのに、正宗がそれに応じなかったので
伊達家の将来を心配して、正宗を毒殺しようとして失敗したのね。

                     なんてことを・・・おかあさまっ   OMG





e0291638_11593086.jpg


正宗は母のかわりに弟の小次郎を殺害。

                          なんてこと   (--;)






母義姫は山形の実家に逃れて32年もそこに住んだ。



それでおばあ様 栽松院が正宗の面倒をみて 英雄正宗となった・・・のね。

正宗はお世話になった栽松院のために「栽松院」というこのお寺を建てたのでした。


長く離れていた母、義姫を山形からよびもどしたそうよ。



                 事実は小説よりキラリ    チガウ





昨日 読んだ本より抜粋







       👘






[PR]
by conami573 | 2013-01-10 12:22 | お散歩 | Comments(6)

冬の使者 白鳥

e0291638_83215.jpg

パンくずを持って川に行くと、
今年もいました、、、白鳥たち



e0291638_8341622.jpg

鴨やカモメは動きが早く、
パンを取るのにバタバタと我先に取っていきます。

白鳥は動きがゆっくりで、取られてばかり。




e0291638_8384063.jpg

少し離れた所でもパンをあげてる人がいるし、川の向こう岸でも
パンをあげてる人がいます。




e0291638_8485112.jpg

灰色の子はまだ子供。

よく日本まで飛んできたね。



e0291638_8505066.jpg

冬の間、ここでパンをもらって 栄養摂ってね。




e0291638_8532748.jpg

街の向こうに泉ヶ岳が見える



e0291638_855359.jpg

さあて・・・と。
街を歩けばスタバにあたる


たまには一人でこんな時間もいいネ。
[PR]
by conami573 | 2013-01-09 09:01 | お散歩 | Comments(2)

冬のセール

e0291638_9283584.jpg

風の寒い日

北風がヒュ~~~っと吹いて
あまりに寒いので 逃げ込んだのはホテルメトロポリタン。

大きな生け花が活けてあります。

少しここで温まって、棟続きの駅ビルへ買い物に。




e0291638_9334235.jpg

初売りの翌日から冬のセールなので
どこも人がいっぱいです。
[PR]
by conami573 | 2013-01-07 09:38 | 輝く花 | Comments(4)