<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神田川沿いのcafe

e0291638_22362553.jpg

白いゲートをくぐって階段を下りると、川沿いのCafe





e0291638_2237754.jpg

緑に囲まれた水辺で落ち着いてコーヒーが飲める。







e0291638_22373863.jpg

神田川の向こうを総武線や中央線が通る。







e0291638_22381253.jpg

若かった頃、 毎日 お茶の水から四谷まで乗っていた通勤電車。

毎日この川を眺めながら電車に揺られていた。





e0291638_22384799.jpg

上高地の梓川を見た後で この神田川の色を見ると、違和感があるね。






e0291638_22391361.jpg

神楽坂をちょっと歩いてから 駅に向かった。
[PR]
by conami573 | 2012-06-30 22:35 | 東京 | Comments(0)

表参道~明治神宮へ

e0291638_1431135.jpg

表参道はケヤキ並木が緑濃くなっていた。

ちょうどランチタイムだったので 表参道ヒルズでランチ。
カウンター席には、新鮮な野菜が飾ってあり、目にも楽しい。




e0291638_1433012.jpg


お野菜たっぷりカレーを注文。
雑穀米の上にいろんなお野菜がのっている。


e0291638_14333896.jpg


2本立っているのは、薄いさつまいものかりかり揚げ。





ここから少し歩いた所に、明治神宮がある。


明治神宮の一角に、加藤清正井があり、数年前から人気の場所。




e0291638_14351598.jpg

加藤清正が掘ったとされる井戸は今もこんこんと清水がわき出ていて、
訪れる人が後を絶たない。

私が行ったときは10人くらいしか並んでいなかったけど、前日は日曜日で2時間待ちくらいの行列だったとか。



e0291638_14354611.jpg

誰が言ったのか、この井戸はパワースポットで待ち受け写真にすると良いとか。


それでみんな夢中でシャッターを切ってました ^^




それでも、歴史上の人物の名前から、歴史を知るというのはいいことね。




e0291638_14363340.jpg

お水にちょっと手を入れてみました。


(この写真、お持ち帰りしてもいいですヨ)^^




e0291638_14371631.jpg


この神宮の森で何か毛を見つけた。





e0291638_14374793.jpg

   たぬき 

この明治神宮は 都心にありながら広大な敷地で、大きな森のようです。


e0291638_14392014.jpg

これは1年前に都庁の展望台から撮った写真だけど、
すごく大きな森だとわかる。 (2011/4/24)



タヌキは森から出ないで ここで生きていけるのでしょうね。
[PR]
by conami573 | 2012-06-28 22:28 | 東京 | Comments(0)

荒川の土手

e0291638_16473340.jpg


日暮里からモノレールに乗る。

西新井方面に運行している舎人ライナー。

e0291638_16481920.jpg

車窓の向こうは曇り空の町。





荒川を渡って、すぐの駅で降りた。


知り合いの家を訪ねて行こうとしたけど、
道が複雑で 案内板の地図を見ても 
ほとんど分からない。



それでもなんとか、勘だけで知り合いの家にたどり着いた。


細い路地裏のNさんの家に着いた時、Nさんの奥さんが自宅の玄関前の
たくさんの鉢植えにお水をあげていた。

奥さんはパジャマ姿で「あら~~~!まぁ、まぁ、」と驚いた様子で 。

家の中に招かれたけど、丁寧に辞退して別れた。

奥さんはパジャマ姿のまま50メートルも走って追いかけてきて、
オーストラリアのワインとチョコレートの箱を私に渡してくれた。

こちらは、ささやかなお土産を渡したのに。

いつも、とっても良い人なのだ。





e0291638_16524588.jpg

荒川の土手の上に行ってみた。

広々とした河川敷の上に重そうな雲が広がっている。



e0291638_1653266.jpg


あのスカイツリーのずっと左の方角、千住に、昔 大きな大きな4本の煙突が建っていた。

その煙突は、4本が菱形の位置に建っていたためか、見る場所によって
1本に重なって見えたり、2本に見えたり、3本に見えたり、4本に見えた。

だから地域の人は「おばけ煙突」と呼んだ。

今年の2月頃だったか、TVで「煙突の見える場所」という映画を放映していた。
戦後の下町を描いた映画で、
サラリーマンの上原謙と妻の田中絹代がこの辺りの2階建ての家に住んでいる。

その2階の部屋を、若い高峰秀子と夫が間借りしている。
川向こうにはいつもあのお化け煙突が見える。




現代になって、また新たに「スカイツリーの見える場所」的な映画ができそう。


あのお化け煙突は 東京電力の火力発電に使われていて、いつもたくさんの煙を吐いていた。



その映画を放映した数日後、「キューポラのある町」を同じ時間帯の番組で観た。
その映画では、この土手から見える青い空に下の方は真っ黒な空に覆われていた。
あれが光化学スモッグと言われたものかな。



e0291638_16541514.jpg

舎人ライナーがゆっくりと走って行く。

再びこのモノレールに乗って日暮里に戻った。
[PR]
by conami573 | 2012-06-27 16:46 | 東京 | Comments(0)

朝もやの大正池

e0291638_17234379.jpg

朝の5時半に目が覚めて、お部屋のカーテンを開ける。



e0291638_17242971.jpg

朝もやが 辺りを包み 焼岳の頂上にかすかに朝焼けの色。


大正池はグリーンに見える。



e0291638_17253142.jpg

静かに 朝もやがゆったりと流れる。





5:42
刻々と色が変わっていく。




e0291638_17263346.jpg


7:07
お風呂場の窓から見える大正池。

他にお客さんがいないので、独り占めの朝の風景。

ゆったりとお湯に浸かりながら 痛む肩を温める。



e0291638_17265995.jpg


ホテルをチェックアウトして8:26

ブルーグリーンに山を映して。




e0291638_17291444.jpg

木道を歩く。

朝の気持ちの良い木々の中。
小鳥たちの声に送られて どこまでも歩いて行けそうな気がする。





e0291638_17293971.jpg

木道を抜けると 穂高連峰が絵のように見える。

絵を描く人なら誰でも描きたくなるようなポイントでしょうか。



e0291638_1730485.jpg


そのすぐ近くにある田代池。

浅く水を張ったような可愛らしい池だ。





e0291638_1730383.jpg

写真を撮る人が次々に訪れる。




e0291638_1731518.jpg

田代橋から見る梓川。

ここで、知らない人に写真を撮ってもらったり撮ってあげたり。


名残惜しいけれど、もうバスに乗らなくてはならない。


帝国ホテルの前からシャトルバスに乗る。

今度来る日はいつになるかしら。


ばいばい、上高地。
[PR]
by conami573 | 2012-06-24 17:18 | 長野 | Comments(0)

輝く上高地

e0291638_1513683.jpg

6月22日の金曜日。
台風の影響で大雨となった当日。

ゴアテックスのカッパ上下を持って上高地へ。

でも着いた時には、すてきな青空が迎えてくれた。
e0291638_1521774.jpg



e0291638_1524165.jpg

青いソーダ水みたいな こんな色の梓川を見られるとは思わなかったので
この幸運を大喜び。




e0291638_11572440.jpg



e0291638_15371.jpg

冷たい水の梓川

夏は大変な混雑になるそうで、比較的すいているこの季節に行って良かった。




しばらく歩いても、どこまでも美しい 清らかな水。




e0291638_15233359.jpg

明神橋に、格子柄の影の模様。




e0291638_154486.jpg

歩いているうちに、時間も遅くなって午後5時くらい。
ひと気もなく ひっそりとして来た頃、若い女性ハイカーが一人でカメラと三脚を持って歩いて来た。

声をかけたら、一人で遊びに来たって。

たのもしい。
私は一人ではここまで来れない。
しかも午後遅い時間。



e0291638_1563486.jpg

明神池もきれいだ。

ただ静かにさざ波をたてている。





e0291638_1572887.jpg
きらきらと 1日の終わりを告げる最後の西陽を受けて。




e0291638_156488.jpg


バスターミナルに戻る途中、なにやら赤いキノコの行列。




小さな木の枝にウグイスの雛を見つけた。
写真を撮ろうとカメラを向けたら、近くの木の枝から親ウグイスが
けたたましく「ケキョケキョケキョ」と警告鳴き。

私たちが雛から離れたらすぐに 「ホ~ホケキョ」 と、安全宣言鳴きをした。



e0291638_1544846.jpg

気持ち良さそうに寛いでいる お猿さんの横をそ~~っと通る。



e0291638_1595698.jpg


e0291638_15102778.jpg


午後7時前には大正池ホテルに着いてお夕食。

大正池が見える窓際の席で 池を一望しながら。





大正池独占の幸運な日でした。



                 
[PR]
by conami573 | 2012-06-22 23:59 | 長野 | Comments(0)

ピンクのお花

e0291638_1274820.jpg



「なんて名前か忘れちゃったけど、このお花買ってきたよ。」

友達がピンクのお花を持って遊びに来た。

薄すみれ色のレーシーな上着と、薄い生地のスカートをなびかせて
パラソルをさして軽やかな足取りで歩いてきた。

バッグは黒地に小さなミッキーマウスが全面にプリントされて
目立たないけど光り物も少し散りばめて可愛い。



この方、私よりかなり、ずっと年上で人生の先輩だけど
可愛らしい方だ。

今日は卒業した高校の同窓会の打ち合わせで出かけたついでに寄ってくれた。
その高校で、彼女は若尾文子の2年後輩。





e0291638_1282393.jpg

ベランダからミントの葉を ちょんちょんと摘んで、ミントティーを淹れた。

焼きたてのいちじくのケーキを食べながら
おしゃべりしたのは、話題豊富な彼女の活動範囲の広さ。
今でも山に登り、みんなの分のお弁当造りや、被災地支援のことなど
いつでも楽しんでいる前向きな姿勢。




見習いますね、いつかね ^^;
[PR]
by conami573 | 2012-06-05 12:06 | 輝く花 | Comments(0)


diary


by conami

カテゴリ

全体
お散歩
輝く花
暮らし
Hotel
おうちごはん
おそとごはん
トレッキング、登山
カフェ
東京
青森
岩手
長野
山形
山梨
宮城
秋田
新潟
福島
栃木

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 10月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月

タグ

(24)
(23)
(15)
(15)
(13)

最新の記事

くもり時々雪
at 2017-12-12 17:36
デパ地下ごはん
at 2017-12-06 09:33
手術の日
at 2017-12-03 10:49
くーちゃんの贅沢なおひるね
at 2017-11-30 08:45
仙台を歩く
at 2017-11-29 11:21

記事ランキング