ブログトップ

オリオンの瞳

カテゴリ:山形( 4 )

電車で山寺へ

e0291638_16241500.jpg

秋晴れの爽やかな朝、山形県に向かいました。


仙台駅から乗った仙山線の私の隣りが空席でした。
そこにスリムな外国人の男性が私に軽く会釈して座りました。

彼はバックパックから本を出して読み始めました。
本のタイトルは JAPAN と書いてあります。
観光案内の本でした。

「旅行ですか?」と訊いたら日本語が分からないようなので
英語で「旅行?」って訊いたらそうだと答えました。
プラハから来た人で、日本に来たのは2回目だって。
これから山寺に行くと言いました。

「私もよ ^^」

彼は年配の女性が乗ってくる度に席を譲ろうとして立ちます。
私は、のど飴を出して彼にあげました。

1時間後、仙山線が山寺駅に着く前に
「次の駅よ。」って教えてあげました。


e0291638_16452727.jpg

子だくさんの布袋様・・・?
友達に似てる・・・。





e0291638_16474682.jpg

立石寺のスピッツ3兄弟?




e0291638_16491572.jpg

たくさんのカメラに囲まれても身じろぎもしない。



1100年の歴史がある山寺はここから頂上の奥の院まで

1100段くらいの石段を登ります。





e0291638_16594569.jpg
風雨に削られた山肌が壁のよう。





e0291638_17053096.jpg

荒く削られた奇岩があちこちに見られます。






e0291638_17064485.jpg

ぽかぽかと暖かい日なので
長い石段も苦も無く歩けました。
おしゃべりしたり休んだりしながら1時間とちょっと。






e0291638_17090904.jpg

石段の周りは見どころいっぱい。




e0291638_17102463.jpg



e0291638_17115314.jpg
山形だけあって山深い







e0291638_17143339.jpg
段差のある階段もなんのその。
私はダンサーですから。 うそ。





e0291638_17162217.jpg

五大堂からの眺めです。
こんなに石段を上ってきたのですね~。

昔の人はここから眺めて何を想ったのでしょう。





e0291638_17202856.jpg

とうちゃこ

登り切って爽やかな空気をいただきました。




e0291638_17222438.jpg

下りは寄り道しないで40分。




e0291638_17232779.jpg

お昼は山形名物、冷たい肉そば。

コシの強いお蕎麦でした。



🍴





















[PR]
by conami573 | 2015-11-01 17:29 | 山形 | Comments(10)

山の彼方の山深く

e0291638_22060494.jpg



友人の詩音さんの生まれ故郷へ連れて行ってもらいました。





e0291638_22075654.jpg


山道を走っても走っても
続く山道


街で、山形名物の 肉そばを食べて休憩し、

再び詩音さん、緑の中を走り抜け
気ままにハンドル切るの。



詩音さんのイケメン息子さんも同乗して3人旅。





e0291638_22064593.jpg



途中の展望台からは遥か向こうに街が見える


緑の柔らかい風が気持ちいい



e0291638_22074130.jpg


人里離れた山の中に
数件しか家がない村


詩音さんのご両親の土地で
ワラビを採りました。


食べきれないほどの量を抱えて






e0291638_22072766.jpg

こんなに自然豊かな村で育った人って

どんだけ素朴なの?






e0291638_10463092.jpg





















[PR]
by conami573 | 2015-05-18 22:29 | 山形 | Comments(6)

蔵王大露天風呂

e0291638_10203429.jpg


連休の最後の日は
山形までお風呂に入りに行きました。



e0291638_10204380.jpg


渓流沿いの階段




蔵王大露天風呂 は、
宿泊施設ではなくて
渓流にある自然に抱かれた露天のお風呂



e0291638_10210664.jpg


源泉から流れている硫黄の匂いのお湯





e0291638_10213131.jpg


お風呂の周りはただ若葉があるだけ




脱衣所は 少しの壁と自然の樹木で囲われているだけ

自然の中にオープン




e0291638_11002217.jpg

立ち寄り湯なので
ツーリング途中のライダーさんも
たくさんいました







e0291638_10215443.jpg


帰りは古民家のお蕎麦屋さんでお昼




e0291638_10214704.jpg


大きなたぬきさんが迎えてくれます





e0291638_10213905.jpg

店内はお客さんでいっぱいでしたが、
席が空いた一瞬を撮りました




良いお湯とお蕎麦
帰りはすっかり眠くなってしまいました










[PR]
by conami573 | 2015-05-07 10:44 | 山形 | Comments(6)

真夏日の銀山温泉

e0291638_21571155.jpg

いくつものトンネルを抜けて

走り抜けて


e0291638_21575933.jpg

銀山温泉に到着 ♪




e0291638_221287.jpg

にじますが泳ぐ川をはさんで
両側にノスタルジックなお宿が建ち並ぶ温泉街





e0291638_2231227.jpg

下駄を履いて カラコロと歩くのも いいんじゃない ♪




e0291638_2243684.jpg

川には橋が たくさん、かかっていて情緒があるね。



e0291638_1141370.jpg





大正から昭和初期にかけて建てられたお宿が並ぶ中





モダンな造りのお宿が1軒ある・・・

あの有名な。
e0291638_22152977.jpg





e0291638_22171775.jpg

滝の見えるお店でお蕎麦を食べました。



e0291638_22181352.jpg

涼しげな滝のそばには



e0291638_22192328.jpg

9月だというのに まだ あじさいの花が咲いています。

日中は暑いけど 朝晩はもう涼しい山形です。




e0291638_222145.jpg

温泉街の入り口ちかくにある cafe でコーヒーを注文したら



e0291638_22222641.jpg

大正ロマンのウェイターさんが コーヒーを運んでくれましたヨ ♪

銀山の水出しコーヒーです。



e0291638_2241506.jpg

可愛くないですか ?




e0291638_222578.jpg

大正ロマンに浸れる温泉街




建物もいいですねぇ~。




紅葉の頃も良さそうです。
[PR]
by conami573 | 2012-09-02 22:28 | 山形 | Comments(0)