ブログトップ

オリオンの瞳

カテゴリ:青森( 6 )

種差海岸

e0291638_21582099.jpg



9月に三沢に泊まった後、種差海岸に立ち寄りました




e0291638_22010964.jpg
打ち寄せる波




e0291638_22015058.jpg
青い海




e0291638_22024703.jpg
広い芝




e0291638_22035792.jpg

この海を見ながら歩く長い長い道、

みちのく潮風トレイル という道があります。

青森の八戸から福島までの長い距離。

バックパックを背負って歩いたら
気持ちよく潮風に吹かれて歩くことが出来る。



[PR]
by conami573 | 2015-10-11 22:09 | 青森 | Comments(0)

朝の散歩

e0291638_08100024.jpg




青森の朝、広大なお庭を散歩しました。




e0291638_08283097.jpg
旧渋沢邸の庭。

池の近くに古民家がいくつもある。



e0291638_08313350.jpg
池の周りの道を1周歩いてみました。


e0291638_08575480.jpg
南部曲がり家

e0291638_08333355.jpg
池には鯉や小さな魚がいっぱいいて、
ブロンドの若い夫婦と幼い娘さん083.gif
鯉にエサをやっていました。

三沢基地が近いからかな。

仙台空港が津波で被災した時はお世話になりました。
新聞によると、あの時、ひどい状況の空港を
きれいに整備してわずか1か月で開港させてくれました。

食料を被災地に届け、お風呂を提供し
撤退した後は生活ゴミをひとつも残さずきれいにして
帰ったそうです。

帰りのヘリから下を見ると、
地面に大きく「THANK YOU USA」と書いてあったとか。


静かな公園の庭で
ひと時を過ごして私たちも帰りました。








[PR]
by conami573 | 2015-10-02 09:03 | 青森 | Comments(4)

9月の青森

e0291638_09153425.jpg




青森県の三沢にある三角屋根の宿に着いたのは
午後5時を過ぎていました。



e0291638_16201487.jpg

11階のお部屋の窓からは
22万坪の敷地のお庭が見えます。



e0291638_16175488.jpg
追記
ベッドの足元にかけてある帯のようなベッドスローは
青森のこぎん刺し(刺し子)の模様です。

ベッドスローは元々は靴を履いたままベッドに寝転んでも
汚れないように布団の上にかける布ですけど
こぎん刺しがアクセントになっていますネ。






青森屋


一度は売り上げが落ちて大変な時期もあったらしいのですけど

リニューアルと意識改革で立ち直した
今は人気のお宿だそうです。



e0291638_16180878.jpg
お部屋を出て1階に降りると長い長い通路があって、
リンゴの提灯が並んでいます。



e0291638_16194739.jpg
そのまま進むと、

祭り会場のような「じゃわめぐ広場」に出ます。


昼でもずーっと夜の雰囲気の館内。



夕食会場はまるで居酒屋の雰囲気で
地のものを使ったおいしい料理がふんだんにありました。



e0291638_16184545.jpg
夕食の後は じゃわめぐ広場で
津軽三味線の演奏や ねぶたの演奏で会場を賑わし、





e0291638_16190181.jpg
4人の若者が スコップ三味線を演奏しました。

これがスゴイの。

動きが4人、揃っていて見事な演奏でした。
スコップに栓抜きでたたいて演奏する、
ユニークなのですけど、確かな演奏力です。

MCも上手で、この4人は宿の社員さんだそうです。




楽しい夜は更けていきました。

窓からはまんまるお月さんが光を照らしていました。



037.gif












[PR]
by conami573 | 2015-09-30 09:51 | 青森 | Comments(8)

弘前 朝の散歩

e0291638_08133148.jpg



朝食もたくさんいただきました。
自宅ではあまり食べないのに
旅先ではどうしてたくさん食べるのでしょうね。





e0291638_08135451.jpg



朝の森を見下ろしながらの朝ごはん







e0291638_08142455.jpg



天井はちょっとエキゾチック





e0291638_08143742.jpg


木の枝を使った照明コードペンダントです。







e0291638_08150030.jpg

食後のお散歩です。
森の中を歩いてみました。






e0291638_08151750.jpg


しばらく歩いて横道に入ると、
なんと、神社の大きな門を見つけました。

とても立派な楼門です。
私の地方にはこんなに立派な楼門は
見たことがありません。



見れば、1628年建立の楼門。
今から387年前に造られた門です。


e0291638_08152937.jpg


その奥に本殿があります。


岩木山神社
1603年の建立です。

412年前。
戦国時代の真っただ中。

地域の人が平和を祈ったのでしょうね。

武士は戦勝祈願かな。





e0291638_08154801.jpg


本殿の木鼻は青い象さん。
爪が獣みたいです。




e0291638_08270403.jpg

凄く大きな狛犬がいるのですけど


e0291638_08160419.jpg


その狛犬の後ろに 逆立ちをした小さな狛犬が
何故か隠れていました。



e0291638_08161852.jpg



清々しい朝の散歩の帰り道
林の中の道で
栗を拾いました。

家に持ち帰りました。






🌰

[PR]
by conami573 | 2015-09-27 08:34 | 青森 | Comments(0)

青森

e0291638_7513070.jpg

みちのく温泉旅館をチェックアウトして
近くの ウェスパ椿山 までスタッフがクルマで送ってくれました。


ここはロッジがたくさんあり、JRの駅もある場所で、
スロープカーに乗って山頂までいけるのです。

最初は全く関心がなくて、乗りたいとは思わなかったけど・・・。


e0291638_757413.jpg

素晴らしい景色!

空も海も真っ青です♪



e0291638_7593349.jpg

青い海に白いフェリーが沖を行きます。

思わず「わぁ~、きれい !♪」 と感嘆詞。


e0291638_825525.jpg

山頂は細いラインが美しいにんじん畑です。

ふかうら雪にんじん と言って、糖度の高い甘いにんじん。
雪の中に埋まって成長するので、にんじんが頑張って糖度を増すんですって。


e0291638_872121.jpg

中央にある建物は、さっきチェックアウトしたばかりのお宿。
左にJRの線路が見える。
お部屋のすぐ近くにあった線路です。




これが可愛らしいスロープカー。

楽しかった!



e0291638_813430.jpg

再びスロープカーで下に下りると、コロボックルの売店があります。

屋根の上にいるのは、小さなコロボックルたち。
妖精です。 何をしてるのかな?




さて、この駅からリゾートしらかみに乗ります。
e0291638_8174340.jpg

五能線の旅です。




コロボックルで買ったにんじんジュース。




五能線・・・って語感では、
なんか 寂しい感じというか、演歌っぽい感じがするかもしれないけど、



e0291638_8295882.jpg

でもね、夏の五能線は と~~~ってもきれい。

青くて明るくて美しい海岸線です。


e0291638_8314417.jpg

この辺りを走っている時は、電車の速度を落としてくれて
「ごゆっくり景色をお楽しみください。」と、車内アナウンス。

e0291638_8333639.jpg

車内でお弁当を食べましたョ。


e0291638_8382349.jpg

千畳敷を走っていた時は、海岸にいた若者たちが、こちらの電車に手を振っていました。
私も目いっぱい、大きく手を振りました。

高原列車ならぬ、海岸列車です^^


e0291638_8412130.jpg

長い長い海岸線を走ったあとは、内陸へ向かって走りはじめ、
りんご畑が見えてくると

車内では三味線のライヴ演奏。


e0291638_8435277.jpg

そして青森駅に着きました。
ガラス張りの駅舎の中にグリーンの新幹線が見える。



e0291638_8451186.jpg

長い旅路をおつかれさま♪

楽しい列車移動でした。

ここで私のサングラスを失くしました・・・ちぇ。


でも、いい旅でした。
[PR]
by conami573 | 2012-09-12 08:49 | 青森 | Comments(2)

青森への旅

東北新幹線を リゾートしらかみに乗り換えると
車内は「大人の休日倶楽部」のお年頃の人々でいっぱいでした。^^

騒ぐ人もなく、皆静かに日本海の海に見とれていました。


e0291638_2395787.jpg

十二湖で降りてバスに乗り換え、
白神山地近くに
エメラルドの湖を見に行きます。


e0291638_2312297.jpg

水深9メートルのこの 青池は、湖底に沈んだブナの木がそのまま見えて
お魚も気持ち良さそう。



e0291638_23132269.jpg

近くに立っていた女性たちが
 「この池に浮いてる葉っぱがたくさんあって、まるでお星様みたいで宇宙のようね。」

ん~、うまいこと言うね^^


  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆




e0291638_23164117.jpg

ブナの木がこの透明な水を保つのでしょうか。



e0291638_2318438.jpg

湧壺の池もまた神秘的な透明度の高い青さ。

またまた別の女性が

「あの沈んでいる木がまるでサンゴみたい。芸術よね~」

ん~、うまいこと言うね~。

コメンテーターみたい。




e0291638_2322532.jpg


e0291638_23232781.jpg

この池もきれいね。


e0291638_23273937.jpg

他にもいくつかの池を見に歩いてまわりました。



e0291638_23281214.jpg

透明度はなくても空を鏡のように映し出す王池。


たくさんの美しい池を見て 身も心も浄化されるといいのですけど。
[PR]
by conami573 | 2012-09-09 23:31 | 青森 | Comments(0)