ブログトップ

オリオンの瞳

詩の文学館

e0291638_11425211.jpg


ちょい知り合いの詩人の方が
仙台文学館で、詩の朗読をするとご案内を頂いて
文学館に出かけました。





e0291638_11452976.jpg


たくさんのお客さんが聴きに来ていました。
詩の朗読ライブ。

ガラスの外は緑あふれる場所です。




e0291638_11473640.jpg


右側に立っているのが詩人の武田こうじさん。
静かな優しい語りです。


左に立っているのが役者の渡部ギュウさん。
力強い語りです。

渡部ギュウさんは以前は「米沢ギュウ」さんという名前で
演じていた方です。



プロの方たちの朗読を聞くと、
ズンと入ってきますね。


この日に読まれた短い詩のひとつは

てがみ

ときのながれにそっと
てをのばすように
すなはまにゆれるいっぽんのき

ことばにできない
そんなことばにかこまれて
まちはないた

あれもこれも
あいしていた

あのひから
わからない
くりかえし
てがみをかいている



ここであなたとであい
ここであなたとくらし
ここであなたにふれる


被災地からのメッセージのような詩です





[PR]
Commented by cosmos1009 at 2014-07-07 21:40
詩の朗読ライブの写真を見て
相棒シリーズ「天才たちの最期」を思い出しました!
当時TVを見ていて
「本当にこんな朗読会なんてあるのかしら?」と思っていたら
本当にあるのですね!

conamiさん、最近アクティブにお出かけしているので
お怪我がだいぶ治ったようで良かったです♪
Commented by conami573 at 2014-07-08 08:22
osmosさん♪

おはようございます。
TVで見たのですか^^
私は朗読会は3回目です。
他のお客さんは目を閉じて聴いているかたが多かったですけど、
私はつぶらな瞳?をぱっちり開いて聴いていました。

骨折はX線ではほぼ治ったように見えるけど、鋭い痛みはまだ続いていますよ~(--;
by conami573 | 2014-07-07 12:03 | 暮らし | Comments(2)