あの日 あの時

2年前のあの日。

誰もが驚き 恐怖に陥った大震災の時。

私は古いビルの6階にいて、なんとか逃げ出すことができたけど
携帯はつながらなくて 停電で信号は消え、家に帰るのに信号のない大通りを
ひやひやしながら渡って帰りましたが、途中で買い物をしようとしたら
スーパーも停電で閉店していました。

家に帰っても停電でテレビはつかず、地震情報を見ることもできなかったのです。

同じ市内の沿岸部で津波が町を襲っていることなど
まったく知らないでいました。

石油ストーブなど家にはひとつも無いので寒いまま家にいました。

断水する前に家じゅうの鍋、やかん、お風呂にお水をため、それが役にたちました。

夜になって、携帯のテレビを家族でみて、ただ驚くばかり。
よく呑み込めないまま途方にくれるばかり。

夕方、娘と二人で外を歩けば、お店は全てシャッターを閉めていました。
その中でただ1軒だけ、セブンイレブンが開いていました。
真っ暗な店の中にお客さんが50人以上、レジに静かに並んで外まであふれていました。

パンを買おうと思ったけど、パンの棚には一つもパンが無かったのです。
暗い中、目をこらして棚を見ると、近くにいた若い女性が携帯の灯りを照らしてくれました。
何もない棚でした。


街に行ってみると灯りは全て消えて、真っ暗。
異様な光景でした。
ただ ただ夜空の満天の星が 悲しいほどに輝いていました。


翌朝、もう一度街に行ってみると、倒壊した建物はないものの
壁のタイルが剥がれ落ち、ヒビがはいっているビルがたくさんありました。

おしゃれな紅茶専門店の店内がガラス越しに見えるのですが、
各テーブルからお皿やティーカップが落ち、めちゃめちゃになっていました。


街の中心部は早く電気がついたらしく、お店のシャッターは全部しまっていたけど
店の外に行列ができていました。

お店の看板などに使用するソケットで、人々が携帯を充電していたのです。


シティホテルの外では、コックさんたちが、ずんどう鍋を外に出して
豚汁を配っていました。


e0291638_16135688.jpg

あの日も咲いていた 雪桜です。
寒冷地の凍てつく夜にも耐え、すっきりと咲き続けます。

種がすごくたくさん採れて困るほどです。





e0291638_16193255.jpg




あの日の3日後、我が家も電気がついて、その瞬間、家族で大喜びしました。

電気がこんなにも心まで明るくしてくれるなんて。


でも、
そのあと テレビを見て 大津波の被害を初めてしっかり目にして
愕然としたのでした。



今日も午後2:46   黙とうしました。


 多くの 魂に お祈りします。
[PR]
by conami573 | 2013-03-11 16:33 | 暮らし | Comments(4)
Commented by ベンジャミン(keiko) at 2013-03-12 10:38 x
お話を伺ったけどこうして今、また読ませていただくと、胸がいっぱいになります。
友人も電気が通って初めて津波を観たと言ってました。

特番が多かったのでいろいろな方のお話を聴きましたが何が一番なのか分かりません。
自治体のご苦労、人手不足のお話など遠い私たちは知らないことだらけです。

友人のお婿さんが経営していた飲食店、人手不足で昨年末に閉店したたと聞きました。
繁盛していたそうなんですけどね。
人はお給料のいいお仕事に集まっていくそうですね。
Commented by athuko8 at 2013-03-12 13:06
こんにちは。
東京もパニック状態になりました。
今も震災の事を考えると胸がいっぱいになります。
もう2年も経っているのに全てが中途半端のままに思えます。
復興の為の資金は5年間で25兆円
道路、港、下水道、仮設住宅、ガレキ処理
などなど
その内10.5兆円は国民からの税金から復興増税期間は25年間払うらしい。

そしてお金を使いたくても使えない?!
せっかくの予算があるのに使いきれない?!
建設業者が入るのにまず入札制度があり一番安い業者に決まるんですね。
ですが今の状況は人材不足で人件費がかかり、資材不足で材料が高いみたいですね。
だから作業が進まないらしいと言っている

お願いですから冷静になって被災地の方の為に考えて下さいなぁー
きっと皆んなで一緒に知恵を出し合えば何かいい解決策が生まれるはずですよね。

それを信じてあきらめないことで一日も早く幸せになって欲しいですね。



Commented by conami573 at 2013-03-12 17:16
keikoさん♪
コメントありがとうございます。

被災地の様子は逐一報道されているので、
あの日の街の様子を書きとめました。

詳しく書けばもっともっと、消防車がサイレンを鳴らしながら数十代も
街を走り、自衛隊のトラックが数十台も走り抜けていくなど、
緊迫した様子だったのですけどね。

お友達のお店が人手不足で閉店したなんて、
驚きですね。

仕事がなくて困っている人もたくさんいると思うのに。
平常に戻るのはまだ先のことですねぇ。
Commented by conami573 at 2013-03-12 17:29
ピコさん♪

コメントありがとうございます。
あの日は東京も、帰宅難民が大変だったみたいですねー。
あとでテレビで知ったのですが、揺れもかなりあったみたいね。
もう二度とあんな災難はどの地方にも起きてほしくないけど....。
被災地の問題はまだ解消しそうにないですねぇ。
何かしようと思えば反対論が出るし、思うようにはいかないみたい。
ピコさん、予算のこと詳しいですね^^
私は億単位の数字でも見たらすぐ忘れてしまいます。^^

税金も光熱費も上がりますね。
次の災害が起こらないように祈るしかないですね。


さざ波 小波


by conami

カテゴリ

全体
お散歩
輝く花
暮らし
Hotel
おうちごはん
おそとごはん
エクササイズ
トレッキング、登山
カフェ
東京
青森
岩手
長野
山形
山梨
宮城
秋田
新潟
福島
栃木

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 10月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月

タグ

(22)
(21)
(12)
(11)
(10)

最新の記事

森林を渡る風
at 2017-09-20 09:55
サークルのあと
at 2017-09-18 12:29
夜景
at 2017-09-17 15:06
ディナークルーズ
at 2017-09-16 19:11
ワイキキビーチ
at 2017-09-14 14:53

記事ランキング

フォロー中のブログ

んだず(´・ω・)
の・の
Revoir...
風のように La.La....
にこにこ日和
人生って つむじ風、いつ...
50代からの女道(Ser...
私のゆるゆる生活
Daily Lives ...
浅間山眺めてほのぼのli...
彩の気まぐれ写真
夢見るポンコツ夫婦
60代からの女道